車 下取り 買取

車の下取りと買取の価格差を比較!え!?こんなに?

 

最近では下取り価格よりも買い取り価格の方が、
金額が高く付くという方が多いように思えます。

 

しかし、本当に買取に出す方が高い金額が付くのかと、なかなか信用できないものですよね。

 

そこで今回は、下取り価格よりも買い取り価格の方が良かったという方の口コミを集めてみました。

 

 

下取りよりも買い取りが高かった

 

下取り査定額より14万円も高い90万円でスイフトスポーツが売れちゃいました!!

 

この方はディーラーの下取り価格よりも14万円も高く売れたとの事でした。
そんなに高く売れれば、家族と一緒に、外食もできますよね。

 

フリードG下取り提示額は110万円でしたが、A社に依頼をしたところ提示額は、135万円。
下取りよりも25万円もアップできました

 

フリードGですのでHYBRIDのタイプではありませんが、
下取りよりも25万円アップの実績があるようです。
車の買い替えの足しにと思って買い取り査定をしてみたら25万円アップなんてことになったら、
1つ上のグレードを購入してしまいそうですよね。

 

下取りは33万円だったモコですが、買取業者に依頼をしたところ、
65万円になって大満足でした

 

今までは普通車の買い取り実績の口コミを業界しましたが、今回はモコという事で軽自動車です。
基本的に下取りに軽自動車を出すとあまり金額が付かないという話を耳にする事もありますが、
この方は何と大幅に査定金額から金額が上がったという方です。
最近では、軽自動車もダウンサイジングのあおりを受けてそこそこ売れ行きを伸ばしているのです。
その為軽自動車でも高額の査定価格が表示されるようです。

 

 

なぜ下取りよりも買い取りの方が高く売れるのか

 

同じ査定のはずなのに何故下取りと買い取りの金額が違ってしまうのでしょうか。

 

これには、ディーラーなどの車屋と買取業者の販売網の違いが理由として挙げられるのです。

 

どういうことかというと、下取りや買い取りをした車というのは
基本的に中古車として再度販売されます。

 

この時に、地元に根付いて商売をしている車屋やディーラーは基本的に
地元のユーザーの方に車を販売するのですが、どこの地域にも車屋さんがあるので、
他の車屋と大きく金額が違っていると売れなくなってしまいます。

 

その為、売れ残りを無くそうとしているのですが、売れ残りを無くすには、
金額の設定を他社よりも安くするのが手っ取り早いのです。

 

販売価格は安く、利益は多くとなってしまうと自社への入庫金額が必然的に下がってしまうので
安くなってしまいます。

 

それに比べて買い取り業者は、全国的に販売網を持っている為、
商売相手が多く多少高くても売れる可能性が高いのです。

 

その為、強気のプライスをつける事ができますので、買い取り価格も高くできるという事なのです。

 

この様に買い取り業者に依頼する方が高く売却できる可能性がありますので、
下取りにガッカリされた方は、一度試してみてはいかがでしょうか。